保護猫ふきちゃんの日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふきちゃん本当にありがとう

悲しいお知らせになってしまい心苦しいですが、ふきちゃんが5月13日の夜に虹の橋を渡りました。

あまりにも突然のことで、私たち夫婦もまだ心の整理がついておりません。
どうしてもっと早く気づいてあげられなかったんだろう…
あの時もっとこうしていれば良かったのに…後悔ばかりが頭に浮かびます。



(ふきママより)
山梨→目黒→自宅と長い間揺られながら我が家に来てくれてありがとう。
ボールや紐、何でも好き嫌いせず沢山遊んでくれてありがとう。
壁で爪とぎや家を破壊するようなイタズラをしなかったふきちゃんありがとう。
帰宅のお出迎えをいつもありがとう。
ブログのためとはいえ、色々なコスプレをさせてしまってごめんね、ありがとう。
お魚を欲しがる顔が可愛かったよ。
寝る時は一緒の布団で寝てくれてありがとう。

苦手な病院に毎日通って、お薬飲んで頑張ってくれてありがとう。
歩くのも辛いのに私の所に近づいてきてくれてありがとう。

5年という短い時間だったけど私たちと一緒に過ごしてくれてありがとう。
ふきちゃんには言葉では言い表せない位沢山の幸せを貰ったよ。
本音は、本当はもっと長く一緒に居たかったよ。

大好きな大好きなふきちゃん本当にありがとう。



(ふきパパより)
ふきちゃん、小さい体で本当によく頑張ったね。

我が家の一員になってちょうど5年。
我が家に来たときも5月だったね。

安暖邸に居た時は、他の猫にはシャーシャー、人間には甘えていたことを覚えてるよ。
小さい体で生き抜いてきたのは、そういう生きる術を知っていたからなんだろうね。

片目が白内障でハンディを持っていたのに全くそれを感じさせなかったね。

ふきちゃんは本当にエライ。
壁でガリガリ爪とぎしないとか、爪切りもそんなに嫌がらずにさせてくれたりとか。

心残りは、最期を看取れなかったこと、もっと長く一緒にいたかったこと、子供が大きくなったら一緒に遊んで欲しかったこと。

それでも、それ以上にたくさんの思い出をくれたね。

一緒に布団で寝てくれたり
膝の上に乗ってきてくれたり
どんなオモチャでも子供のように遊んでくれたり
最近は毎朝、私が歯磨している時に甘えてきてくれたり

他にももっといっぱいあって、本当に挙げたらきりが無いね。

ふきちゃんがいて本当に幸せでした。

もっとふきちゃんに伝えたいことがあるはずなんだけど、言葉に出来ないや。

それでもこれだけは最期に言わせてね。


ふきちゃん、本当にありがとう。

ありがとうふきちゃん1

ありがとうふきちゃん2
眠っているだけみたいだね。

スポンサーサイト

コメント

ふきパパさん ふきママさん に御悔やみ申しあげます。

私も初めて ふきちゃんを見て、可愛いと思った時から大好きになりました。
そして何より、 ふきパパさん ふきママさん のふきちゃんへの愛情が感じとれて幸せな気持ちになりました。

私もふきちゃんが亡くなった事を受け入れられず、取り乱してしまいました。心に空洞ができています。

ふきちゃんにとっての5年間は、幸せな日々だったと思います。

私からもふきちゃんへ…。
ふきちゃんありがとう!
そしてまたね!

ボクが傍にいるから・・・/今井優子 - YouTube
m.youtube.com/watch?v=EwFJ0MR5E7s

なんの偶然か久しぶりにブログ訪れてみたらふきちゃんが亡くなったなんて。。

お悔やみ申し上げます。

悲しいですね。。

ブルーとライトの白猫な日々は更新滞っていますがブルーもライトも変わりません。
誰もがいつかは愛猫を見送らなければなりません。人も同じですが苦しい、痛い思いが少なくて済むことを願うばかりです。

ふきちゃん ありがとう。ふきママさんパパさん 楽しいブログをありがとうございました。私も去年女の子のにゃんこを天に送りましたが、天使になって永遠の命にいかされていることを伝えてくれたように思わされ慰められました。ふきちゃんも新しい命の中でパパママさんに溢れる感謝をしていることと思います。慰められますように!このブログに出会えたことを心から感謝しています。ありがとう❤
言葉がありません…。
私自身の気持ちの整理がつきません。
改めてコメントさせていただきます。 m(__)m
あまりに突然すぎて…。(ToT)
ふきちゃん、ふきちゃん、起きてよ…。
ほんとうに寝ているだけのよう…。
ついこの間まで、可愛い姿を見せてくれていたのに…。
突然の悲しいお知らせが信じられません。涙があふれて とても悲しいです。

5年前、私もミルクの前の猫(ナッコ君)を 虹の橋へ見送りましたが、病院で亡くなったため、ふきちゃんと同じく看取ることができませんでした。
最後に 胸の中で抱きしめてあげられなかったことを悔やみましたが、猫ちゃんは、亡くなるときに パパママの悲しむ姿を見たくないのだそうです。けなげですよね。

可愛いふきちゃんに会いたくて、毎日ブログを開いていましたが、私は以前の記事を見るのもとても楽しみで、可愛い姿を堪能していました。
何をしてもしなくても可愛いふきちゃんなのに、おさかなのおねだり、よく遊んだり、サンタさんの服を着たりしていましたね。
特に、マカロンベッドに入っているふきちゃんが、可愛かった。
小さく甘えたのふきちゃん、丸いお顔と丸い目、お手手?も可愛いかったよ。
毎日私たちも癒してくれて、ありがとう。

ふきちゃん、パパママの子で、幸せだったね。
ふきちゃんも「パパママありがとう、悲しまないでね」って言っていると思います。
辛いお気持ち、痛いほどよく分かりますが、どうかお力をおとされませんように。
ふきちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
このコメントは管理人のみ閲覧できます
そんな・・・信じられない。
本当に突然で、本当に驚きました。
お花に囲まれて、とても綺麗なお顔。
なでなでしたら起きてくれるんじゃないかと思うくらいです。

ブログを拝見していて、ふきちゃんは暖かいご家族に囲まれて、毎日とても幸そうに見えました。
パパさんママさん、今はとてもお辛いと思います。
本当に時間しか解決できないと思いますが、どうか気を落とさずに・・・。
体調にもお気を付け下さい。

ふきちゃんの可愛らしい姿に、沢山の笑顔と癒しをもらいました。
うまく言えませんが、本当にどうもありがとうございました。
ふきちゃん、安らかに。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://fukineko.blog.fc2.com/tb.php/1758-a4094272
<< 御礼とその後 | TOP | 少しご報告 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。